THE SCALE OF
FANTAS funding
ファンドの仕組み

匿名組合型

不動産特定共同事業者(=営業者)
FANTAS technology

オンラインで資金お預かり不動産を運用して生じた利益から配当

投資家様と匿名組合契約を締結し、優先出資金として資金をお預かりいたします。

優先出資者の元本の安全性を高める

当社がプロジェクトの全体20%を出資することで価格下落が生じた場合も20%までの下落であれば、投資家様の元本は守られる仕組みを採用
※2 最大限の安全性を確保しました。
※2 投資家の方々には優先出資者としてご参加頂き、当社が劣後出資金として出資します。

あなたの投資が新たな”まちづくり”に!

投資しながら社会貢献も!
2033年には3戸に1戸が空き家に…

空き家は増え続けており、2033年には3戸に1戸が空き家になると予想されています。

さらに読む

空き家が増えると治安や景観の悪化、住宅市場の供給バランスの悪化が指摘されています。当社はこれまで、社会問題になっている空き家を再生し、投資用不動産として再生する事業-FANTAS repro(旧:再生家)に取り組んで参りました。価値の低い空き家を買取り、当社のノウハウを存分に生かしたリフォームは賃貸で住んでいただく方はもちろん、多くの投資家の方々にもご好評をただいています。空き家への投資は高リターンが故に、リスクも高く、投資初心者の方には手が出しづらい商品となっていました。

今回「FANTAS funding」では、再生した空き家をファンド化する事で、社会貢献しながらも、低リスクでの投資を実現。空き家以外にも、ワンルーム価格査定サイト「FANTAS check」
※(旧:HAYAGAI)にて、当社が適正価格で買い取った中古ワンルームマンションのファンド化も行います。
※新築物件の開発なども検討中。

「FANTAS funding」は当社にとって資金調達の選択肢を増やし、これらの事業の推進を加速させると同時に、クラウドファンディングを通じて不動産投資により多くの方にご参加いただき、テクノロジーによる新たな市場の解放にも繋げていきたいと考えております。